オーストラリア メルボルンの旅

e0131959_1051140.jpg

e0131959_1052272.jpg

メルボルンから帰ってまいりました。

言葉にならない感動、農園に入ったとたん涙が溢れました・・・いつも思っていた。このキングプロテアやバンクシャー、リューカデンドロンはどんな風に咲いているのか、見たくなったらたまらなくなった。来るのなら10月頃からお花が一番いい時期よ!とプリザーブドを主に扱うメルボルンにあるオーストウインズという会社を経営されている林さんの言葉に、よし!行かねば!と言う事で、ただただお花が見たい、そんな私の願いを林さんがコーディネートをしてくださることになりました。もう何から話していいかわからないくらい密度の濃ーい素晴らしい旅をしてきました。

到着してすぐ空港から北西に一時間ほどのキャッスルメイン近くのジョンさんとバルさんご夫妻が手がけている農園に向かいます、素晴らしい景色を見ながらやっと到着。小高い丘にゆっくりと車が入って行き、見たことのある色んな種類のリューカデンドロンが・・・ジーーン・・言葉を失いました。落ち着いて、落ち着いて。わらた、ボトルブラシ、バンクシャー、プロテア、テトラゴナ何十種類ものリューカデンドロン、限りなく続く素晴らしい農園の一番上にジョンさんの家があります。林さんと奥さんが用意してくれたサンドウィッチとケーキのおもてなしに旅の疲れも吹き飛びました。2日目に続きます・・

ユーカリの木と、マグノリアと、ティーツリーに囲まれたこの広大な場所の自然の一部となれた幸せな私たち。普通のツアーでは行けない場所に連れて行って下さった林さんに感謝の気持ちで、いっぱいです。ちなみに私は、林さんの素敵な屋敷に泊まらせて頂きました。続きはギャラリーで。。
[PR]
トラックバックURL : http://libellule2.exblog.jp/tb/7216947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yoshimoto-hiromi | 2007-10-04 10:04 | Trackback | Comments(0)

毎日が楽しい!! 吉本博美のおはなしダイアリー 「Rint-輪と」 ドライフラワー講師・スタイリストhttp://www.rint.tokyo


by yoshimoto-hiromi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31