現代美術

e0131959_13233935.jpg

昨日、私が教室をさせて頂いている広島にあるカントリーキャットの原田ご夫妻の1人息子、けんちゃんの初の個展に行ってきました。

出会った時は、まだランドセルをしょって”ただいまー!”と言ってあどけなく挨拶をしてくれていました。この子にはどんな未来が待っているのか楽しみでした。月日が流れ、今はもう作家として活動している。今回posi(白金)とnega(原宿)2ヶ所での展示。

この個展には、物語性があります。素材がまず面白い。デュポン社の協力のもと、土に還るプラスチックバイオマックスで肖像彫刻を制作しています。なのでいずれは、作品自体無くなり土に還るのだそう。この熊を捕らえているのはそのプラスチックを紐状にしたもの、いつかこのプラスチックが土に還る時、この熊は開放されるのだそうです。スゴイと思ったのはその素材を溶かしたり固めたりまったく違ったテイストにして作品を作っていること。一枚の写真では語れないので是非けんちゃんのホームページをチェックしていただきたい。お花も同じだと感じた。自然のものを使わせていただいて作品を作る、自然に仕返しをされないようなアレンジを作ろうと。

けんちゃんの活動は始まったばかり、これからの活躍を楽しみに現代美術作家として世界に羽ばたいてほしいと願っています。。。

興味のある方は是非けんちゃんの作品に会いに行って下さいね。

-supernova- 
posi/nega 
micha
[PR]
トラックバックURL : http://libellule2.exblog.jp/tb/7276208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yoshimoto-hiromi | 2006-10-09 13:23 | Trackback | Comments(0)

毎日が楽しい!! 吉本博美のおはなしダイアリー 「Rint-輪と」 ドライフラワー講師・スタイリストhttp://www.rint.tokyo


by yoshimoto-hiromi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30